Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ふり返る暇なんて無いね

日々のメモ書きをつらつらと

定時以降は基本的に居ないと思っていただきたい

diary work

このエントリは、何かに対する批判ではない。

他の人が絡む質問事項や要件、依頼に関しては定時内に行うべきだ。定時以降にそれを行うということは、他人に残業を強制しているということだ。もちろん緊急要件があるときは別である。
それらの依頼は本当に定時内にできないのかよく考えた方が良い。基本定時以降は人がいないと考えた方がいい。他人が残業していると考えてはいけない。


残業はあくまで非日常的なものである。しなくてはいけない事情があるときにだけ行うものである。


ということを意識づけるために、しばらく定時で帰るときはあえて無言で帰って、残業するときだけ宣言(強調)するようにしようと考えている。
これが当たり前の姿ではあるんだけれども、残業が習慣化しているとそこの感覚が狂ってしまうのかも知れない。
もちろん別の観点で残業が常態化する仕事の構造・やり方を見直すということは必要ではある。